加齢とともに牛肉は控えるべき?

高齢者にも牛肉を

 みなさんのまわりには、加齢とともに牛肉の摂取は控えるべきだとお考えの方も多くいるのではないでしょうか?
 しかし、加齢とともに健康を意識し肉の摂取を控えてしまうと、ある栄養素が不足し、かえって栄養失調による筋力の低下や体調不良の原因となりかねません。
 不足している栄養素は「アルブミン」たんぱく質の一種で、筋肉の材料となるものです。アルブミンは、体内でたんぱく質を合成しつくられますから、たんぱく質を多く含む牛肉などを控えてしまうと、アルブミンが不足し、気力や体力の衰え、再生機能の低下など、老化を早めることになります。粗食が長生きするという誤解が浸透しているので、肉などたんぱく質の多い食材をバランスよくいれましょう。過ぎたるは及ばざるがごとし、何事もバランスを考えたほうがよさそうです。
 良質なたんぱく質摂取は豊後牛の摂取で!脂が気になる方は、脂肪分の少なめな豊後牛のモモがおすすめです。

一覧を見る